脊柱管狭窄症は治せる|リハビリを頑張ろう

医者

腸が飛び出る良性の病気

患部が硬くなる前に治療

医者

鼠径ヘルニアとは、本来腹膜と呼ばれる壁のようなものの中にあるはずの腸が何らかの影響で腹膜を突き破って外に飛び出してしまう病気のことを言います。鼠径ヘルニアは、良性の病気ですが自然に治癒することはないので手術が必要になります。自覚症状としては、下腹部から太ももの付け根にかけて痛みや不快感を感じるようになりその部位を触ると腫れのようなものがあります。その腫れは、お腹に力を入れたり立ち上がったりすると出て押すと引っ込みます。しかし、最初は押すと引っ込んでいても時間が経つと硬くなって押しても引っ込まなくなるとすぐに手術を行う必要があります。これは、飛び出た腸の血流が悪くなっている状態でそのままにすると強い痛みや吐き気など激しい症状が出るので腫れに気づいた時点で引っ込むうちに内科や外科を受診します。

飛び出た腸を引っ込める

鼠径ヘルニアは、飛び出た腸を引っ込める手術を行って腸が飛び出ないように穴を塞ぎます。手術自体は比較的すぐに終わるので、病院によっては日帰りできるところもあります。通常は、大事を取って数日入院して退院後は徐々にいつも通りの日常生活に戻ることが出来ます。鼠径ヘルニアは、筋力が弱い人や便秘がちな人、肥満体型の人、激しい運動をする人などがなりやすいと言われています。手術後の再発率は低いですが、再発することも稀にあるので手術後もしっかりと予防に努めていくことが大事になります。日頃から水分や野菜を取るように心がけて便秘を改善するようにし、適度な運動を行って少し筋力をつけることも予防に効果的であると言えます。

Copyright © 2015 脊柱管狭窄症は治せる|リハビリを頑張ろう All Rights Reserved.