脊柱管狭窄症は治せる|リハビリを頑張ろう

医者

脊髄を圧迫する病気に注意

椎間板ヘルニアと似た経過

先生

脊髄は脳から身体各部へつながる神経を束ねている中枢組織であり、この場所に故障が生じると運動障害などさまざまなトラブルを引き起こします。脊髄に関する疾患としては椎間板ヘルニアがよく知られていますが、これと似た症状を持つ病気に脊柱管狭窄症があります。脊柱管とは背骨の中にあって脊髄を収めている管状の空間のことをいいますが、この空間が老化等によって狭くなり、脊髄を圧迫するのが脊柱管狭窄症です。ちなみに椎間板ヘルニアの方は脊柱管の外側にある軟骨組織が脊柱管側にはみ出し、やはり脊髄を圧迫することで起こります。脊柱管狭窄症は椎間板ヘルニアと同じく腰椎部分に発生することが多く、足腰の痛みやしびれなどを引き起こします。間欠跛行という、歩くと痛いが腰をかがめて休んでいると治まるという症状が起きやすいのが特徴となっています。

運動療法で筋力強化を

脊柱管狭窄症は重度の場合は手術によって脊柱管を広げるといった外科治療が必要になりますが、軽度の場合は保存療法によって患部を安静にして様子を見るのが一般的です。その際、運動療法すなわちリハビリを併用すると効果的だと言われています。リハビリのみをもってして脊柱管狭窄症を治癒させるのは困難ですが、医師の指導に基づいたリハビリは症状の改善に役立ちます。脊柱管狭窄症に対するリハビリの目的は2つあります。1つはできるだけ脊髄が圧迫されない姿勢、すなわち痛みなどの症状が出にくい姿勢を覚えることです。そしてもう1つは、その姿勢を保てるだけの筋力をつけることです。そのためリハビリには腹筋のほか大殿筋、ハムストリングのトレーニングなどがしばしば含まれます。

医療機関の役割

先生

平野区には、クリニックや総合病院があります。それぞれの医療機関では役割があります。クリニックでは風邪などの症状や専門の治療を行っていますが、もし、その場で治療ができない場合には、大きい病院で治療を行っています。

Read More..>>

頼りになる情報サイト

医者

病院の口コミサイトは、これから治療を受けに行く人にとっては、大変便利で頼りになるものです。しかし、口コミは実際に体験した個人の感想なので自分も同じように思うとは限らないことを覚えておきましょう。また、情報が最新のものかどうかもチェックを忘れずにしましょう。

Read More..>>

腸が飛び出る良性の病気

医者

鼠径ヘルニアは、自然治癒はしないので手術をする必要がありますが、患部が柔らかく引っ込むうちに治療を行うことが大切です。飛び出た腸を引っ込めて、穴を塞ぐ手術を行うことで完治となりますが予防のために生活習慣を変えていくことが大事です。

Read More..>>

Copyright © 2015 脊柱管狭窄症は治せる|リハビリを頑張ろう All Rights Reserved.